はじめて個人事業を開業すると青色申告も初めてとなるわけですが、記帳の仕方や手続き方法が分からない方も沢山います。そんな方たちへのアドバイス。

国税と地方税の種類

税金には、国に納める『国税』と
都道府県や市町村に納める『地方税』があります。


『国税』には次のようなものがあります。


◆所得税
◆消費税
◆相続税
◆法人税
◆贈与税
◆印紙税


この中で私たちが密接に関係しているのは、所得税と消費税です。
ご存知のように、商品を購入するときにかかる税金が消費税で、
今の税率は商品価格の5%。商品を購入するときに一緒に支払い、
店から納税されます。


相続税から下の四つは、何か特別な行動を起こさない限りかからないので
今の時点で調べる必要はなさそうです。


『地方税』には次のようなものがあります。


◆道府県民税
◆事業税
◆市町村民税
◆不動産取得税
◆自動車税
◆国民健康保険税


さて今回私が納めなければいけないのは所得税。
所得税には次のようなものがあります。


△配当所得
△不動産所得
△事業所得
△給与所得
△退職所得
△山林所得
△譲渡所得
△一時所得
△雑所得


税率や控除額などは法律改正によって変わることがあるので、
自分がかかわる場合は、納める前によく調べておかないといけません。
私の生活の中で一番身近なものは、給与所得ですが、
サラリーマン家庭に育ち、自分もサラリーマン、
結婚した夫もサラリーマン。


何もかも会社任せだった私は、納税は会社がやってくれる仕事だとして、
当たり前のように手取り収入のみを受け取ることに慣れてしまい、
実はその内容について深く気に留めたことがありませんでした。


フリーで文章を書く私の収入は、この中だと「雑所得」になります。
しかし、別の項でふれますが、納税はできるだけをお得に済ませたい
→「節税」といいますが・・・


節税効果の高い「青色申告」を選ぶことになります。
「青色申告」をするためには、個人事業者として事業所を
開業しなければいけないので、仕事の内容は同じでも
「事業所得」となります。

この記事を見た方はこちらも見ています

・納税という義務を知る
・税金の支払いに怯えたとき確定申告を考える
・確定申告とは?
・税金が理解できなければ税務署へ聞け!
・個人事業主が税金の知識を学ぶには?
・国税と地方税の種類

金融情報ナビゲーション


メニュー

ページの上部へ

Copyright (c)個人事業主の青色申告お助けガイド All Rights Reserved.