はじめて個人事業を開業すると青色申告も初めてとなるわけですが、記帳の仕方や手続き方法が分からない方も沢山います。そんな方たちへのアドバイス。

確定申告とは?

さて自分の得た収入について納税しなければいけないと
いうことが分かりました。1年に一度だけ、国税庁は事業者から
税金を徴収します。このことを確定申告と言います。


確定申告では、1月1日〜12月31日までの収入を計算し、
翌年の2月16日〜3月15日までの間に所定の税額を
国に納めなければいけません。


毎年2月が近くなると広告やコマーシャルで「納税の義務」を訴えられ、
高額納税者であろうスポーツ選手や俳優が、税務署を訪れる様子が
報道されるシーズンです。


個人事業主は、ビジネスの結果を、税務署に報告しなければなりません。
このときに、偽った報告をすると「脱税」として法律違反に
なってしまいます。


自分の行ったことに対する責任はきちんと取らなければいけません!!
と強く言っているものの、自営業者の方たちにとっては、
また確定申告の季節がやってきた・・・と申告深刻な顔になる頃。


人ごとのように見ていた私ですが来年から仲間入り(の予定)です。


確定申告の方法には、「青色申告」と「白色申告」の2種類があります。
つまり、事業主は必ずどちらかの方法を選び、納税しなければなりません。
選ぶと言いましたが、申請しておかなければいけないのは「青色申告」で、
申請しなければ自動的に「白色申告」となります。


それぞれの提出用紙の色が青・白色なので「青(しろ)色申告と
呼ばれるようになったそうです。

この記事を見た方はこちらも見ています

・納税という義務を知る
・税金の支払いに怯えたとき確定申告を考える
・確定申告とは?
・税金が理解できなければ税務署へ聞け!
・個人事業主が税金の知識を学ぶには?
・国税と地方税の種類

金融情報ナビゲーション

メニュー

ページの上部へ

Copyright (c)個人事業主の青色申告お助けガイド All Rights Reserved.