はじめて個人事業を開業すると青色申告も初めてとなるわけですが、記帳の仕方や手続き方法が分からない方も沢山います。そんな方たちへのアドバイス。

国民の3大義務

さてここで、皆さんちゃ〜んと小学校で習ったはずの、
日本国民の「3大義務」を思い出してみましょう。
必ず社会のテストで出てきたので、さらっと答えられますよね。
(私の頭は眠っていましたが)


◎教育 ・・・日本国憲法第26条
◎勤労 ・・・日本国憲法第27条
◎納税 ・・・日本国憲法第30条


義務とは・・・


◆人がそれぞれの立場に応じて当然しなければならない務め。

◆倫理学で、人が道徳上、普遍的・必然的になすべきこと。

◆法律によって人に課せられる拘束。法的義務はつねに権利に対応して存在する。


権利とは・・・


◆ある物事を自分の意志によって自由に行ったり、他人に要求したりすることのできる資格・能力。

◆一定の利益を自分のために主張し、また、これを享受することができる法律上の能力。私権と公権とに分かれる。

◆権勢と利益。


すなわち『義務』⇔『権利』対義語ですね。しばしば意味合いが
混同されがちですが、勤労・教育・納税の三つは憲法上で
定められている国民の『義務』です。ですから、正しく行いましょう!


ということで、子供を学校に行かせない親、理由もなくちゃんと
働かない成人、収入があるのにも関わらず納税をしないこと、
全部憲法違反になっちゃうのです。


勤労も義務だったんだ・・・と改めてお勉強。
主婦には「子育て」と「家事」っていう仕事があるから、
勤労義務違反でとっつかまえられることはないでしょうが・・・


教育問題にせよ、先生の態度が悪いだの、学校の体制が悪いだの、
親は「権利」ばかり主張しているけれども、「義務」だと捉えると、
私がやらなければいけないことはたくさんあります。


ちゃんと朝ごはん食べさせるとか、忘れ物のないように
チェックしてあげるとか、衣類を清潔に整えておくとか、
そういったサポート(母の愛の手)もちゃんと教育を受けさせる
義務ですよね。日々の手抜きに反省です。


そして社会科で習った知識が、大人になって実体験と結びついて、
ようやく勉強の意味が解るようになりました。


子供たちにただ「勉強しなさいというだけでは」何も伝わらない。
彼らもまた大人になって、知識の意味を知るのでしょうね。

この記事を見た方はこちらも見ています

・個人事業者になるにはどうする?
・専業主婦が独立して働く理由
・税金は?疑問点を解説
・国民の3大義務
・屋号で銀行口座を持つ
・夏のプール監視の短期バイト
・携帯電話とビジネスマナー

金融情報ナビゲーション

メニュー

ページの上部へ

Copyright (c)個人事業主の青色申告お助けガイド All Rights Reserved.