はじめて個人事業を開業すると青色申告も初めてとなるわけですが、記帳の仕方や手続き方法が分からない方も沢山います。そんな方たちへのアドバイス。

専業主婦が独立して働く理由

〜働かねばなぁ・・・と思うぐうたら主婦〜


専業主婦歴約10年…勤労意欲もやや薄れかけている今日この頃。
しかし、子供たちの食欲は増加をたどるいっぽう。お稽古ごとや、
新しい教材費やなんやかやと日々の出費はかさむのだ。


子供がちょっと大きくなったらまたバリバリとフルタイムで働いて、
家のこともパーフェクトにこなそう・・・


いっぱい稼げるようになったら、家のことはお手伝いさんでも雇って、
仕事に専念しよう・・・ 


なんて妄想めぐらせては現実に溜息ついている主婦って私だけではないはず。
せめて子供たちがやりたがっていたお稽古事のお月謝くらいママの
がんばりでなんとかならないかしら。


ホントのところそんな程度なのです、私の勤労意欲。


子供が小学校に上がった機会に、なにかしら仕事を見つけて
街に繰り出す主婦仲間が増えます。数年とはいえ子育てにどっぷり
漬かっていた期間は、あまりにも「女性ならでは」という
周りの意識が強すぎてちょっと息苦しくなってきます。


家にいるよりは、外の空気を吸うほうが健康上よろしいと思う
女性も少なからず、メリハリのある生活の中で家庭に対するやりがいや
自分の意識向上など、前向きに人生をステップアップさせる
いい機会でもあります。


もちろんプラス金銭がつきますが。
けれどもそんなチャンスもうまくつかめず見逃してしまった私。


ひとつには、子供達の長期休暇(夏休みや冬休み)のときに、
どうしてあげようという過剰な心配。学童保育に預けるという方法も、
パートの時間を短縮するという方法も、半日だけ子供に我慢させる
という方法も、いろいろ考えられたというのに。


結局、外に出る勇気が足りなかったのです・・・。


そんなある日、ちょっと素敵なアルバイトの広告を見つけます。
好きな時に好きな文章を書いて、買い取ってもらう仕事です。
普段から、くだらない文章を書くのが好きな私。
家にいてそんなことしながら収入になるなんて素敵。


何度となく内職にチャレンジしては挫折経験のある私。
また思いつきかよ・・・と夫に笑われるものの、
新しいアルバイトを始めたのでありました。


文章を書くアルバイト。時間で働くパートタイマーと違い、
自分のやった分量がそのままお金に反映するのでやりがいがあります。
なにより私にとっては、自宅でできるというのが一番のメリット。


時間を惜しんでせっせとパソコンに向かうので、
主婦仲間とランチをする時間も、韓国ドラマで涙する時間も
惜しいと思うようになります。

この記事を見た方はこちらも見ています

・個人事業者になるにはどうする?
・専業主婦が独立して働く理由
・税金は?疑問点を解説
・国民の3大義務
・屋号で銀行口座を持つ
・夏のプール監視の短期バイト
・携帯電話とビジネスマナー

金融情報ナビゲーション

メニュー

ページの上部へ

Copyright (c)個人事業主の青色申告お助けガイド All Rights Reserved.