はじめて個人事業を開業すると青色申告も初めてとなるわけですが、記帳の仕方や手続き方法が分からない方も沢山います。そんな方たちへのアドバイス。

個人事業者になるにはどうする?

〜フリーライターになる!体験談〜


この記事を書いている段階で、私はすでに「個人事業者」として
登録し報酬を得ていますが、まだ1回も「青色申告」を
行ったことはありません。


来年、青色申告をするくらい頑張れるだろうという予測のもとに、
何が必要なのか自分のために調べて準備をしているところです。
同じような仕事をしている人は多く、またマニュアル本なども
たくさん販売されています。


しかし、どんなに「簡単な・・・」と銘打ってあったとしても、
難解な言葉が多く、やっぱり不安な状態で二の足を踏んでいる人も
多いのではないでしょうか。


私はあんまり思い悩まない安易な性格で、だから失敗も多いのですが、
この年になりながらもまだ失敗を繰り返しつつ、新しいことに
チャレンジするのもなかなか楽しい人生だなぁと思っています。


この中では、職業を「フリーライター」と決めています。
従業員もなく仕入れる物品もないので、事業者としては必要な
項目が少なく、申告も楽な方でしょう。


物品販売や飲食業など、人や物を扱う職種ではもっといろいろな
登録や申請が必要になってきます。私の体験談を参考にされつつ、
自分に必要な情報をプラスして活用してください。


また、個人事業主としてスタートする時の基本的な知識を
あつめましたので、帳簿の作成方法など、実務の細かい部分については、
それぞれの方法があるとして今回は加えませんでした。


まだ駆け出しですので、収入源そのものの仕事のやり方も不安定だし、
難しいといわれる帳簿をつけていく中で迷いがでてきたり、
困難な壁があるかもしれません。


また、ここで調べたことが、実は間違っていた!なんて焦る日が
来るかもしれません。


(間違った情報が含まれていたら、本当にごめんなさい)


仕事を始めたきっかけは些細な思いつきですからでしたが、
私のように少しでも家で仕事ができないかなあと悩める仲間が自分に
できることを見つけて、小さな仕事もコツコツと前向きに
向き合えるようにがんばりたいものです。

この記事を見た方はこちらも見ています

・個人事業者になるにはどうする?
・専業主婦が独立して働く理由
・税金は?疑問点を解説
・国民の3大義務
・屋号で銀行口座を持つ
・夏のプール監視の短期バイト
・携帯電話とビジネスマナー

金融情報ナビゲーション

メニュー

ページの上部へ

Copyright (c)個人事業主の青色申告お助けガイド All Rights Reserved.