はじめて個人事業を開業すると青色申告も初めてとなるわけですが、記帳の仕方や手続き方法が分からない方も沢山います。そんな方たちへのアドバイス。

個人事業主の所得金額と経費はどうすりゃいい?

さて、用語に付いての説明で、かなり順序がバラバラに
なってしまうところがありますが、ここで確認しておきましょう。
何気なく使っていますが、私が稼いだ金額には
『収入』と『所得』があります。


収入とは、必要経費や所得控除を差し引く生の収入のことを指します。
所得との意味合いをはっきりさせるために、あえて「生収入」と
説明している部分もあります。


税金を納める時には、1年間の合計収入に対して計算するので、
年間収入(年収と略します)の根拠が必要です。
私の場合、取引先から振り込まれた通帳の記載金額がそのまま収入です。


その中からパソコン代、電気代、電話代、調べものに使った資料代などを
自分で支払っています。「必要経費」といいます。
必要経費には税金がかかりません。


経費には、いろいろな内容がありますが、申告するには
それなりの根拠が必要です。


収入−経費=所得


所得に対して税金を納めなければなりません。年収に対する所得のことを
「合計所得」や「所得金額」「年間所得」などと言います。
説明内容によって、若干ばらつきがあるかもしれませんが、
すべて『所得』の意味です。


納税する際に、パートタイマーなど給与所得者は原則として
必要経費が認められていない代わりに、給与所得控除一律68万円分を
控除してもらえる特典がありますが、フリーライターでは、
68万円分も経費として計上することは、けっこう大変なことです。


そこで、青色申告をすることによって、68万円の青色申告特別控除を
受けたいと思います。このあたりの金額を工夫して、扶養家族に入るか、
収入を制限するか、バリバリ稼ぐか・・・と思い悩みながら、
うまい納税方法を検討しなければいけないです。

この記事を見た方はこちらも見ています

・青色申告と白色申告の提出期限
・源泉徴収をわかりやすく解説
・個人事業の開廃業等届出書
・個人事業主が節税するなら青色申告だ!
・青色申告承認申請書の書き方
・個人事業主が青色申告のメリット
・個人事業主が白色申告のメリット
・個人事業主の所得金額と経費はどうすりゃいい?

金融情報ナビゲーション

メニュー

ページの上部へ

Copyright (c)個人事業主の青色申告お助けガイド All Rights Reserved.