はじめて個人事業を開業すると青色申告も初めてとなるわけですが、記帳の仕方や手続き方法が分からない方も沢山います。そんな方たちへのアドバイス。

個人事業主が白色申告のメリット

青色申告の申請をしていない納税者の申告方法はすべて白色申告となります。
青色申告と白色申告の大きな違いは、帳簿を作成するかしないか。
要するに家計簿にあたるものをつける義務がないのです。


しかし、所得が300万円以上になる場合には、簡単な帳簿作成をして
おかなければなりません。300万もの金銭の出所や用途などが、
わからないままでは困りますからね。


青色申告で受けられるメリットがないということは、
ほぼ生収入(経費など何も差し引いていない収入)に税金が
かかることになり、よほど儲かっているならともかく、
不必要な納税を行うことになります。

この記事を見た方はこちらも見ています

・青色申告と白色申告の提出期限
・源泉徴収をわかりやすく解説
・個人事業の開廃業等届出書
・個人事業主が節税するなら青色申告だ!
・青色申告承認申請書の書き方
・個人事業主が青色申告のメリット
・個人事業主が白色申告のメリット
・個人事業主の所得金額と経費はどうすりゃいい?

金融情報ナビゲーション

メニュー

ページの上部へ

Copyright (c)個人事業主の青色申告お助けガイド All Rights Reserved.