はじめて個人事業を開業すると青色申告も初めてとなるわけですが、記帳の仕方や手続き方法が分からない方も沢山います。そんな方たちへのアドバイス。

個人事業主が節税するなら青色申告だ!

青色申告とは事業所得、不動産所得、山林所得を生ずべき業務を行う方が、
毎日の収入や経費などを帳簿につけ、その帳簿に基づいて
所得税の申告をする制度です。


この青色申告をする方には、税金の面でいろいろな特典があります。
(税務署発行のパンフレットより)


先ほども説明したように、日本の所得税は、納税者が自ら計算して
納めなければいけません。税務署の方からは通告してくれないので、
黙っていると「脱税」ということで法律違反を犯してしまいます。


正しい納税を行うためには、事業を行いながら収入金額や
必要経費などの金銭関係の状況を記しておかなければいけません。


この書類の事を「帳簿」と言い、帳簿を作成することを「記帳」と言います。
「家計簿」や「おこづかい帳」のようなものですが、それよりも水準の高い
「複式簿記」を提出することで、すべての金銭関係が明らかとなるため、
有利な取り扱いが受けられることになります。


青色申告と白色申告には、提出書類に大きく違いがあります。
簡単に言うと、青色申告は申請書類が多く、手続きに順序があって
面倒くさい代わりに、数々のメリットがあります。


白色申告ではそろえる書類が少なく簡単ですが、受けられる控除が少なく、
従って支払う税額が大きくなります。


「節税」ということを考えると、きちんと経理を行い面倒くさい
青色申告をする方が絶対的に得になります。

この記事を見た方はこちらも見ています

・青色申告と白色申告の提出期限
・源泉徴収をわかりやすく解説
・個人事業の開廃業等届出書
・個人事業主が節税するなら青色申告だ!
・青色申告承認申請書の書き方
・個人事業主が青色申告のメリット
・個人事業主が白色申告のメリット
・個人事業主の所得金額と経費はどうすりゃいい?

金融情報ナビゲーション

メニュー

ページの上部へ

Copyright (c)個人事業主の青色申告お助けガイド All Rights Reserved.