はじめて個人事業を開業すると青色申告も初めてとなるわけですが、記帳の仕方や手続き方法が分からない方も沢山います。そんな方たちへのアドバイス。

個人事業の開廃業等届出書

さて個人事業主となりましたので、税法上「私個人」を
「事務所」とする必要があります。これは青色申告をするためです。


個人のまま収入を得ていても構わないのですが、確定申告のときに
思いのほかたくさんの税金を徴収される可能性があります。
白色申告といいます。確定申告の項でふれますが、
青色申告は白色申告に比べ、多くのメリットがあります。


個人事業を開業する届出書は「個人事業の開廃業等届出書」といいます。
A4サイズ1枚で、最寄りの税務署で入手し提出します。
国税庁のホームページからもダウンロードすることができます。


インターネットでも提出できますが、印鑑が必要なので、
あらかじめ登録しておかないと受け付けてもらえません。
内容に間違いがないか、疑問点も聞きながら記入したほうが安心なので、
最寄りの税務署に出向いたほうが案外簡単かもしれませんよ。


記入する項目


◆事業所在地・納税地・・・今住んでいる住所

◆職業・・・フリーライター
職員さんに相談したところ「内容が分かれば何でもいいんですよ。作家でも記者でも・・・」と言われ、こういう場合は「フリーライター」での登録が多いとのことで、そう書かせていただきました。俗称でも仕事内容がわかればOKです。

◆開業日・・・1月1日
取引先からの最初の振り込みが、「1月分」ということで2月の上旬だったので、振り込みの日を「開業日」として4月の上旬までに登録申請することも可能でした。でも実際、1月の仕事を上旬から行っており、慌ただしい決断だったとはいえ、3月15日に登録することができたので、覚えておきやすいように1月1日開業としました。

◆同時に提出する「青色申告承認申請書」を(有)にチェック

◆事務所名(屋号)は無記入。考えて行かなかったので・・・。

◆「フリーライター」という内容から、従業員もいないことが判断されるため、残りのところはすべて無記入でOK。


以上で、とても簡単に受け付けてもらえました。
要するに、税務署側は徴税できればいいのですものね。


受付担当者は思っていたよりも親切丁寧で
(税務署ってなんとなくイメージ悪いですよね)、
青色申告はいろいろたいへんだから、無料で行われる記帳指導を希望する
旨を備考欄に書いてくださり、早速数日後には開催通知が届きました。


事務手数料が無料なのに、説明書類や事務連絡が行き届いており意外でした。
ほんの一端ですが、税金ってこんなところでも使われているのですね。

この記事を見た方はこちらも見ています

・青色申告と白色申告の提出期限
・源泉徴収をわかりやすく解説
・個人事業の開廃業等届出書
・個人事業主が節税するなら青色申告だ!
・青色申告承認申請書の書き方
・個人事業主が青色申告のメリット
・個人事業主が白色申告のメリット
・個人事業主の所得金額と経費はどうすりゃいい?

金融情報ナビゲーション

メニュー

ページの上部へ

Copyright (c)個人事業主の青色申告お助けガイド All Rights Reserved.