はじめて個人事業を開業すると青色申告も初めてとなるわけですが、記帳の仕方や手続き方法が分からない方も沢山います。そんな方たちへのアドバイス。

青色申告と白色申告の提出期限

◎自分で仕事をする
◎収入を得る
◎こういう仕事のことをフリーランスという
◎フリーランスの納税方法
◎白色申告か青色申告
◎青色申告の方がどうやらお得らしい


納税の方法を調べていくと、こういう順序になります。サラッと調べた結果、
青色申告には相当な節税メリットがあるらしい!


まだ年収も確定していない時点で、すでに「節税」のことを
考えること自体、先ほど学習した「納税の義務」という概念を
すっかり忘れているのですが・・・。


では、なんで世間の皆さんが青色にしないで、白色申告の人も
いるんだろう?おそらく、そこのところが「青色申告のデメリット」なのに、
深く突っ込まないで行動してしまうところが私の悪いクセ。
気持ちは青色申告への道に突っ走っているのです。


なぜなら、この納税をしなければならない!と思い立った時
3月の上旬。のほほんと調べていましたが、青色申告するための
書類申請期限は3月15日!


提出期限が迫られているという圧迫感によって「青色申告」という言葉が、
キラキラといかにも「仕事をしてるゾ!」って高揚感を煽ってきたのです。
もちろん申請期限に間に合わなければ、潔く今年度分は白色申告して、
状況を判断してから来年度分から青色にすればよかったのです。


新規事業主の確定申告方法の書類提出期限


◆1月1日〜1月15日までに開業した場合・・・その年の3月15日まで
◆1月16日以降に開業した場合・・・開業日から2ヶ月以内


注)1月16日以降に開業した場合、2カ月以内に「青色申告」の
手続きをしなければ、今年度の納税は白色申告することになります。

この記事を見た方はこちらも見ています

・青色申告と白色申告の提出期限
・源泉徴収をわかりやすく解説
・個人事業の開廃業等届出書
・個人事業主が節税するなら青色申告だ!
・青色申告承認申請書の書き方
・個人事業主が青色申告のメリット
・個人事業主が白色申告のメリット
・個人事業主の所得金額と経費はどうすりゃいい?

金融情報ナビゲーション

お金の返済はオリックス キャッシングが一番お得

メニュー

ページの上部へ

Copyright (c)個人事業主の青色申告お助けガイド All Rights Reserved.