はじめて個人事業を開業すると青色申告も初めてとなるわけですが、記帳の仕方や手続き方法が分からない方も沢山います。そんな方たちへのアドバイス。

個人事業主の税金の手続きと扶養家族のまとめ

以上、いろいろと調べてきたわけですが、もう一度重要なポイントを
整理してみましょう。詳しい部分は、ケースバイケースというところもあり、
全ての人があてはまるわけではありません。


各自であいまいな部分は、被扶養者である夫の会社や、
税務署などで解決しておいてくださいね。


Q:フリーランスとして働きたいのですが、どれだけ税金を払う?


A: 収入−経費=経費
経費−控除=納税対象額
控除:基礎控除 38万円
青色申告特別控除 68万円(簡易簿記の場合は10万円)


税金を納めること・・・納税の義務
  ↓
確定申告・・・納税は自らによって申告しなければならない
  ↓
年間所得が38万円以下だったら確定申告の必要なし
  ↓
ただし、「青色申告特別控除」を使うなら確定申告の必要あり


Q:「扶養範囲」内で仕事がしたい。
「扶養範囲」内でも、確定申告をしなければならないのか?

A:
「扶養範囲」と「確定申告」の考え方は分ける。
「納税」と「社会保険」も別のものとして考えなければいけない。


夫の納税時、私の分の扶養控除38万円を受けたい。
   ↓
 「扶養家族」になりたい。
   ↓
  年間所得を、38万円までに抑えないといけない。
   ↓
青色申告を行わなければならない。


個人事業主の場合、
「給与所得控除68万円」がないので、「青色申告特別控除68万円」を
受けなければなりません。


もしも、青色申告特別控除68万円を受けなくても、
年収が基礎控除38万円以内ならば、もちろん確定申告の必要はありません。

この記事を見た方はこちらも見ています

・確定申告上の扶養家族の疑問と問題
・所得税法上の扶養控除
・個人事業主の税金の手続きと扶養家族のまとめ

金融情報ナビゲーション

メニュー

ページの上部へ

Copyright (c)個人事業主の青色申告お助けガイド All Rights Reserved.