はじめて個人事業を開業すると青色申告も初めてとなるわけですが、記帳の仕方や手続き方法が分からない方も沢山います。そんな方たちへのアドバイス。

無理やり取らされた、自衛消防中核要員の資格

"自衛消防中核要員という資格があります。

これは、東京都の所定の規模以上のビルで、従業者が自営消防活動をする為に必要とされる資格です。
この資格を、会社の指示により強制的に取らされました。

試験は、消防庁により実施されるもので、筆記試験と個別実地試験とがあり、
両方に合格して初めて資格が授与されます。

筆記試験の方は、マークシートによる5者択一方式で、難易度はあまり高くありません。
消防設備士や危険物取扱者よりも少し易しい程度なので、真面目に勉強すれば
誰でも合格出来るレベルです。
私も多くの同僚も、一回で合格してます。

問題は、個別実地試験の方です。
これは、教官と受験者が一対一の状況で、教官の指示した行為を受験者が正確に実施する、
という内容の試験です。
例えば、防災センターにある自火報設備の操作に係る問題や、緊急用避難器具の取り扱いに
係る問題などがあり、受験者はそれらを間違える事なく迅速に操作する必要があります。

これが、なかなか緊張する試験なのです。
事前に受験対策の講習を受けたので、一通りの操作方法は学習しているのですが、
それでも本番は緊張して、舞い上がってしまいそうになりました。

失敗した箇所もありましたが、それでも何とか合格する事が出来たので、
正直ホっとしました。
同僚には、この実地試験で落ちた者も少なからずいました。

暫くして免許証が届きましたが、自ら望んで取った資格ではなく、社会的評価も
低い資格なので、全く嬉しさは感じませんでした。

又、実際には自衛消防活動は一切なく、今のところ資格を取った意味もありません。"

この記事を見た方はこちらも見ています

・料理が好きで
・趣味で調べていたことが資格になった食生活アドバイザー
・着物の着付け師
・私が資格を取得したわけ
・無理やり取らされた、自衛消防中核要員の資格
・秘書検定2級
・資格取得で自信がアップしました

金融情報ナビゲーション

メニュー

ページの上部へ

Copyright (c)個人事業主の青色申告お助けガイド All Rights Reserved.