はじめて個人事業を開業すると青色申告も初めてとなるわけですが、記帳の仕方や手続き方法が分からない方も沢山います。そんな方たちへのアドバイス。

残業をするとケーキが貰える

"以前接骨院で助手のお仕事をしていました。
主に午後の部で働いていましたが、午後の部は受付は1人で助手は2人いました。

受付の子は定時の20時に帰宅していました。
2人の助手は定時と残業を1日置きに交互にやる事になっていました。
患者さんが受付ギリギリに来るとその分終わる時間も遅くなります。

でも、そのギリギリにくる患者さんというのが、ケーキ屋さんだったんです。
ケーキ作りで肩や腕が痛くなってしまうそうなんです。
だいだい週2~3回は来るのですが、いつも私が残業の時に来ていました。
お店が終わってから来ていたようで、毎回受付時間内に来る事が出来ず10分程過ぎた頃に来ていました。

そのケーキ屋さんはその日に売れ残ったケーキを必ず持ってきてくれました。
当日に食べてしまった方がいいからと、先生は私にそのケーキを全部持たせてくれたので、残業なんて全然苦になりませんでした。

残業をして美味しいケーキを頂けるなんてありえませんからね。
ケーキ大好きな私にとって、残業のある日がとても楽しみでした。"

この記事を見た方はこちらも見ています

・1日の大半は仕事みたいな日々
・あまり長い期間残業が続くと却って能率下がるだけです
・残業をするとケーキが貰える
・同期同士でのライバル意識
・消費税増税の消費者としての不安
・税抜き価格で表示されると計算が面倒くさい
・赤ちゃんが好きな方にはぴったりな資格
・お金にはならない仕事よね。
・挫折経験アリ
・家族の健康のため野菜ソムリエの資格を取得したい。
・平日はどこも空いているので助かりました
・社内公用語が英語でも
・私には看護師の仕事はとても無理です

金融情報ナビゲーション

主婦の再就職支援!30代、40代でもOK!子育てが落ち着いた主婦の方へ

メニュー

ページの上部へ

Copyright (c)個人事業主の青色申告お助けガイド All Rights Reserved.