はじめて個人事業を開業すると青色申告も初めてとなるわけですが、記帳の仕方や手続き方法が分からない方も沢山います。そんな方たちへのアドバイス。

社内公用語が英語でも

"社内公用語を英語にする企業が増えているようですね。

以前楽天やユニクロが社内での公用語を英語にすると発表した時は結構な論争になっていたように記憶していたんですが。

個人的にはいいんじゃないかなと思うんですが。今まで英語を覚えようと思っていてもなかなか覚えられなかった人は、こういうきっかけがあれば発奮するんじゃないですかね。いまのところ英語の社内公用語化は大企業が多いようですし、勤めている方ももともと優秀な方が多いでしょうから、意外とすんなり受け入れてるんじゃないですかね。一度こういう企業に勤めている方にお話を伺ってみたいものです。

日本の企業なんだから日本語で、というのもわからなくはないんですが、そういう意識がいわゆるガラパゴス現象を生んでいるような気がします。別に英語で喋ったからって日本語を忘れるわけでもないだろうし、言葉なんてコミュニケーションの道具でしかないんだからもっとフラットに、同僚に外国人が多いから英語で喋ったほうが案外楽だよねぐらいに構えたほうがいいのかも。"

この記事を見た方はこちらも見ています

・1日の大半は仕事みたいな日々
・あまり長い期間残業が続くと却って能率下がるだけです
・残業をするとケーキが貰える
・同期同士でのライバル意識
・消費税増税の消費者としての不安
・税抜き価格で表示されると計算が面倒くさい
・赤ちゃんが好きな方にはぴったりな資格
・お金にはならない仕事よね。
・挫折経験アリ
・家族の健康のため野菜ソムリエの資格を取得したい。
・平日はどこも空いているので助かりました
・社内公用語が英語でも
・私には看護師の仕事はとても無理です

金融情報ナビゲーション

メニュー

ページの上部へ

Copyright (c)個人事業主の青色申告お助けガイド All Rights Reserved.