はじめて個人事業を開業すると青色申告も初めてとなるわけですが、記帳の仕方や手続き方法が分からない方も沢山います。そんな方たちへのアドバイス。

挫折経験アリ

"10年程前会社経営をしていた頃、30代後半の私は 借金の合法的免責方法を探そうと法律を自前で勉強していました。商法民法を学びながら 業務で市町等の役所との折衝をしていました。ある月曜日の新聞裏表紙に資格試験の受験人気上位に「行政書士」とありました。商法民法地方自治法 それに加えて学生時の得意科目だった憲法が受験科目と知った時には 天啓の導きと思い、参考書をどっさり(掲載の受験講座には見向きもせず)買い込み 独学をはじめました。それから4年間 受験失敗を続けその後 会社をたたみ再就職。時間に追われその後受験していませんが、友人知人の相談にのったり 役所に同行したりと 人の役に立ち感謝される快感を知ってしまいました。趣味と実益を兼ね 勉強する楽しさもありました。受験科目の中学卒業程度の基礎学力の勉強も再度勉強をし直すと当時気付かなかった事の気付きや新鮮さがありました。あれから数年 現在の生活にも慣れ ようやく時間が取れるようになったので、もう一度チャレンジしてみようかなあ。行政書士。
"

この記事を見た方はこちらも見ています

・1日の大半は仕事みたいな日々
・あまり長い期間残業が続くと却って能率下がるだけです
・残業をするとケーキが貰える
・同期同士でのライバル意識
・消費税増税の消費者としての不安
・税抜き価格で表示されると計算が面倒くさい
・赤ちゃんが好きな方にはぴったりな資格
・お金にはならない仕事よね。
・挫折経験アリ
・家族の健康のため野菜ソムリエの資格を取得したい。
・平日はどこも空いているので助かりました
・社内公用語が英語でも
・私には看護師の仕事はとても無理です

金融情報ナビゲーション

メニュー

ページの上部へ

Copyright (c)個人事業主の青色申告お助けガイド All Rights Reserved.