はじめて個人事業を開業すると青色申告も初めてとなるわけですが、記帳の仕方や手続き方法が分からない方も沢山います。そんな方たちへのアドバイス。

確定申告でお金が戻ってきました。

"私は放送局でリポーターの仕事をしていました。給料から源泉徴収で納税していたので、確定申告のときに、家の会社に来ていた税理士さんに給与明細書や領収書などを渡して、確定申告をしてもらいました。

そうしたら、数万円が帰ってきました。
私は給与だけでも満足していましたので、すごく嬉しかったのを覚えています。
帰って来たお金で腕時計を買ったのを覚えています。
ニューヨークに暮らしていた頃もアメリカの確定申告をしていて、それは締め切りが4月13日でいしたので、4月13日には、郵便局に長蛇の列が出来ていました。
日本では3月15日までに確定申告をしなければなりませんが、アメリカでは1ヶ月遅い4月13日でした。その日の消印があれば受け付けられるのです。"

この記事を見た方はこちらも見ています

・難しい?簡単?確定申告
・確定申告はe-taxが楽
・会社に任せれば済む話なのですが
・自宅でできるというけれど
・ローン控除で初税務署へ
・確定申告で住宅ローン控除手続き
・確定申告でお金が戻ってきました。
・会社を辞めた後の初めての確定申告
・確定申告で税金を取り戻す。

金融情報ナビゲーション

事業を興すならバーチャルオフィスをスタートラインとしておいてみませんか?

メニュー

ページの上部へ

Copyright (c)個人事業主の青色申告お助けガイド All Rights Reserved.